歩々起清風

『歩々』は、一歩一歩の歩み、つまり行動そのものです。

 

歩いた後にさわやかな風が起こる。

行動がさわやかだということです。

 

歩き方が下手な人は、歩いた後に塵が舞い上がる。その塵は心の塵です。

心の中に一点の塵もなければ、すべての行動がさわやかな風を起こします。

 

そして見るもの聞くものすべてが清らかです。

 

 

私が初めて花屋さんになりたいと思ったのは、ベルリンへ行ったときのことです。

私にとって初めてのヨーロッパでした。

 

文化の違いを肌で感じ、目に映るものすべてが清らかに感じた。

 

空気が澄んでいて、夜になればひっそりとし月がとても神秘的で

朝になれば小鳥のさえずりが聞こえ、空を見上げれば雲がものすごいスピートで流れていく。そして、沈む夕日を見て何も考えずに目を閉じると

忘れてかけていた生きている原点をそこで思い出した。

 

日々の生活に追われていると、雑念ばかりが増え大切な事を見失ってしまう。

 

 

男性がふらっと花屋に入って花を1本買っていた。

 

日本の花屋さんって、仏花とか開店祝いとかそういうのがメインで

自分でも送別会とかくらいしか花を買ったことがなかった。

 

なんでだろう?

 

 

私はその光景を見て、あの花誰にあげるんだろう?って勝手に想像して

とても幸せな気分になってそして、思った。

 

 

いつか、こういう花屋さんやりたい。男女問わず、特別な日じゃなくても

理由なんかなくても、花が買いたいと思って、

買ったらなんかほっこりするような花屋さん。

 

それが私の原点でした。

 

今までの私の歩みは、塵が舞い上がるときもあったけれど

いつも原点に帰って、さわやかな風を起こしていきたいです。

 

今日は秋晴れで、さわやかな風吹いていて

そんなことを思い出した1日でした。

 

 

 

 

体験フラワーレッスンのお問い合わせはこちら☆↓

http://www.la-bonbon.com/work-shop/

 

ランキングに参加しています!いつも応援クリックありがとうございます↓