花の品格

先日、名古屋松坂屋で行われていた池坊展へ行ってきました。

 

テーマは花の品格。

 

薔薇やユリは美しい、品格とは色や形の見た目の美しさだけではなく

それに備わった気高さや上品さからにじみ出るオーラのようなもの。

 

お正月に切ってきた青竹が気品漂うのは

青々とした新しい竹が、新しいスタートを切る新年に良く似合っているから。

 

茶の湯では、新年は茶杓、茶筅、花入れは竹で出来ていますが

青竹にすべて新調します。

 

昔から、新年は新しい歯ブラシに変えたり

普段使っている寝巻きや履物を新調するのは

そういった習わしから来ているのでしょう。

 

日本は季節を重んじる風習があって

それが、品格へと繋がっています。

 

10月からは陰の季節。

 

こちらの作品は次期家元の作品ですが

黒い柳が、枯れ果てた秋を感じさせ

ガーベラが古すぎず現代的な新しい感じにも見え

 

秋の花の品格が漂っていますね!

体験フラワーレッスンも受け付けておりますのでお気軽に

お問い合わせ下さい!!

http://www.la-bonbon.com/lesson/

オーダーメイド、フラワーギフトの通販はこちら↓

 

http://www.la-bonbon.com/online-shop-1/